三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

イエローキャブの趙嫗で→す! ~そして伝説へ~ 

私、先週末に今冬初のスノボを満喫してきたのですが…
みなさん、「2割増しの法則」ってご存知ですか?
スキー場では雪やらウェアやらの影響で、異性が2割増しでステキに見えるという、恋愛の教科書に掲載されている法則です。
んー…ときめきたいったらありゃしねえ!
こんにちは、USHISUKEです。
前回初登場の趙嫗(イエローキャブ所属)について、主に
『物語ヴェトナムの歴史』(小倉貞男著/中公新書ワイド版)
をタネ本にして書き連ねていきます。

趙嫗は、ヴェトナムの人民に「バ・チュウ(チュウ夫人)」として今でも敬愛されている有名人。
40年に大規模な叛乱を起こし、後漢朝より一時的な独立を果たした徴姉妹(ハイ・バ・チュン)に次ぐほど広く知られている女傑だそうです。
そんな趙嫗が、兵を挙げ叛乱を起こしたのは23歳のとき。
「嵐に乗って、海のサメを殺し、侵略者を蹴散らかし、祖国を復活し、民衆を農奴のくびきから解き放つ。侵略者のいいなりにはならない!」
と、なぜ侵略者(孫呉)を蹴散らす前にサメを殺しにいくのか謎は残りますが…兎にも角にも声高に宣言するや、自ら戦場に向かいました。
黄色の衣を身に纏った趙嫗は、数十?ものなが~い乳房を肩に背負い(!)、巨象に跨って戦場を疾駆し、九真に駐屯する呉軍を次々に撃破。
その様は、戦場に舞い降りた死の天使…戦慄した呉軍の兵士は「麗海婆王」と呼び恐懼します。
しかし、陸胤が鎮圧軍として赴任するや、趙嫗の快進撃もピタッと停止。
陸胤率いる鎮圧軍と趙嫗率いる叛乱軍との数か月に亘る激戦の末に趙嫗は敗れ、遂に殺されてしまいます…南無。

約1,750年を経て現代までも伝わる、巨乳女将(「おかみ」ではなく「じょしょう」ですよ)・趙嫗(バ・チュウ)の叛乱…その歴史的な意義とは?
それは、趙嫗の叛乱がヴェトナムで女性が率いた最後の叛乱であり、そのことはとりもなおさずヴェトナムの土着的な女系社会が、中華圏的な男系社会に飲み込まれていく過程で起こった事件であることを表しています。
儒教が覆い尽くす中華圏は、その家父長制的なバックグラウンドにより、自ずと男系社会を構築します。
次第に中華圏の勢力や文化、文明に侵食される祖国の国土と文化を憂う、ひとりの健気な女性。
その姿にどの時代のヴェトナム人民も共感を覚え、趙嫗の自立的な精神に敬意を示してきたのではないでしょうか?

ハノイやホーチミンには「バ・チュウ通り」「バ・チュウ市場」など、今でも趙嫗を偲ぶ名称がアチコチに残っているそうです。
私は未だヴェトナムへの渡航経験がないので、機会があればバ・チュウの残り香を追ってヴェトナムに上陸したいと思っています。


スポンサーサイト
[ 2005/01/25 01:48 ] 辺境三国志 | TB(0) | CM(0)

イエローキャブの趙嫗で→す! ~スター誕生~ 

諸行無常の響きあり…ただ春の夜の夢の如し…
今回は士燮の半独立国家が滅んだ後の、お話。

士燮による40数年の長きに亘る治世下で、比較的安定した時期を過ごしていた交州。
しかし、226年、士燮の大往生を機にあっという間に半独立国家が滅んでしまって以降、孫呉支配期には度々擾乱、叛乱が散見されるようになります。

赤烏11年(248)、交趾や九真の異民族の不穏分子が城邑に攻撃を加えこれを占領すると、交州全体が混乱状態におちいった。(『呉書』「陸凱伝」)

一部の城邑が占領されるという事態にまで至った交州の叛乱は、しかし交州刺史・陸胤により鎮圧されてしまいます。
さすが「呉の四姓」の名門・陸氏出身の陸胤。
その名に恥じない良将っぷり。
ただ、この叛乱、ちょっと掘ってみると…おや、キャラの濃い人物が顔を覗かせてくれました。
248年の叛乱に関するやや詳しい内容が、『三國志集解』(廬弼撰/藝文印書館刊)の同じ箇所に「」として記されています。
ちなみに『三國志集解』は、1936年という比較的新しい時代に廬弼という人によって編集された三国志本。
裴松之によって注釈をつけられた陳寿の『正史』に、さらに多くの注釈を追加した「超注釈本」って感じの書籍です。
邦訳版が未だ存在せず、私が所有しているのは台湾の出版物なので、高校時代の退屈な授業さながらの漢文読み下しが必須。
そんな書籍から、漢文の素養のない私がかろうじて読み取れる文章には…

趙嫗は、九真郡車安県の女性。乳房の長さが数尺あった。嫁ぐことなく山中に入り、群盗を聚めて、遂に郡を攻めた。(『呉書』「陸凱伝」)
…とあり、248年の叛乱の立役者は「趙嫗」という女性であったことがわかります。
「男祭り3594」な世界では大変珍しい、「武」の薫りがする女性。
しかも…世界ビックリ人間大登場!
趙嫗は、目を疑いたくなるほどの巨乳の持ち主!
当時の寸法だと1尺=約24cmらしいので、「数尺」ってことは…それはもう尋常な大きさの乳房じゃありませんよ。
元イエローキャブの野田社長も、あんぐり。

半ば興奮状態のまま、次回へ続く!!


[ 2005/01/22 10:43 ] 辺境三国志 | TB(0) | CM(1)

東南アジア的士燮論 ~後編~ 

「サンボマスター」「銀杏BOYZ」の新譜を買い漁り、モッシュさながらの熱気に包まれて書いています…性春クソ喰らえ!USHISUKEです。
さて、前回の続きです。
豊穣なる地かつ南海交易の拠点・紅河デルタを中心として、後漢末の荒波を巧みな舵取りで渉り続けた士燮の半独立国家。
さらに、士燮の活動をヒデ中田よろしく俯瞰で眺めてみると…東南アジアにおいて、1世紀以降という国家群が芽吹き始める時期との関連性が、ムズムズと気になってきます。
当時の東南アジアに興っていた国家群を概略的に記すと…

★現ミャンマーを流れるエーヤワディー川域には、上流域に「驃(ピュー)」が、下流域に「撣(タトゥン)」が勃興。
→ミャンマーと交州…一見関係ないように見えますが、紀元前より雲南地方と紅河デルタ地帯とは紅河を通じて往来があったとのこと。
エーヤワディー川を遡って蜀に至るルートとともに、さらに南シナ海へ抜けるルートも考えられるでしょう。
★192年に交州の最南端・日南郡の地方役人・区連(区隣、区達、区逵とも)の叛乱によって興った「林邑(チャンパ王国)」。
★229年頃、孫呉が朱応、康泰という人物を使節として派遣したという、南ヴェトナム&カンボジア一帯に勢力を張った「扶南」。

…いずれも1、2世紀に興り、中華圏で三国時代に当たる時期にも勢力を伸張させ続けた国家群。
各国家が後漢朝のたがの緩みを利用して頭をもたげ、かつ陸路、海路を通じて北方の中華圏と接触を持ち、文明の流入を図っていたことは、想像に難くないです。
これら東南アジア国家群を地図に置いてみると…中華圏との交易ルートの首根っこを押さえているのは、紛れもなく士燮率いる半独立国家。
紅河デルタの国際色豊かな様は、次のような文章にも見出せます。

彼の乗る馬車の左右につき従って香を焚く胡人がいつも数十人ほどいた。…いつも献上される種々の香や目の細かい葛布が数千という数にのぼり、明珠(真珠)・大貝・瑠璃・翡翠・瑇瑁、犀の角や象牙などの珍品、見たことのないような物や珍奇な果物、芭蕉(バナナ)や椰子や龍眼といった類が、呉にもたらされぬ歳とてなかった。(『呉書』「士燮伝」)

「胡人」とは通常「西方の異人」を指すので、おそらくインド人やアラブ人…ひょっとしたらローマ人だったかもです。
後漢末以降の大乱世の中で長期政権を維持できた辣腕ぶり、雲南地方で起こった雍ガイの叛乱の際に、孫呉と叛乱軍のブローカーを務めた抜け目なさが示すように、独特の政治・外交に関する嗅覚と図々しいまでのバランス感覚を持っていただろう士燮。
東南アジアから中華圏への玄関口のような地勢を活かして、巧みに成した東南アジア、そしてその背後に広がるインド、中近東、ヨーロッパとの交易も、士燮は自らの半独立国家に寄与させたことでしょう。

2回に亘ってご紹介してきましたが、士燮…私は、買い被りでしょうか?

[ 2005/01/19 02:25 ] 辺境三国志 | TB(0) | CM(0)

東南アジア的士燮論 ~前編~ 

私が勤める会社には、なかなか立派な図書館があります。
その図書館で借りて読んだ
『新版世界各国史5 東南アジア史?』(石井米雄・桜井由躬雄編/山川出版社刊)
…思いの外グイグイ引き込まれる内容でした。
東南アジア古代史への関心は、高校の世界史でマーカーすら引いたことないレベルだったんですが…中華圏との関係性が想像以上に密接で、中華圏に対して化学反応みたいな動きをピクピク示し、その様がなんとも愛らしいです。
そしてまた、中華圏で三国時代に当たる時期の東南アジア史が熱いんですね。

キーパーソンは、久しぶりの登場になる士燮。
士燮ってホント不思議な人物。
士燮のことを根堀り葉掘り知りたくなっちゃう…この気持ちって…もしかしてラヴってるのかも。
と、またしても前置きが長くなっていますが、今回と次回は地政学的な切り口で、東南アジアという視座において士燮を舐め回してみます。

交趾郡の郡都・龍編(現ヴェトナム・ハノイ近辺)のある一帯は、「紅河デルタ」という前2000年頃からいくつもの文明を培ってきた豊穣の地。
交趾太守に赴任した2世紀後半から226年まで、この豊穣の地を中心に半独立国家を維持し続けた士燮。
その繁栄は、肥沃な紅河デルタがもたらす豊富な農産物と、南海貿易の独占がもたらす莫大な交易品によって成立していたようです。
士燮の居城だったという「ルイラウ」の史跡からは、城内まで水路を引き入れていたことがわかるそうです。
彼の人並みでない政治力が垣間見られますね。
そんな彼の支配領域は、現在のヴェトナム・フエ周辺から中国・広州一帯に及ぶ広大なものでした。
士燮が築いた半独立国家は、中華圏から捉えると辺境の一地方豪族として過小評価されてしまいがちです。
しかし、東南アジアから捉えてみると、当時最先端の文明圏の最も近くに居座る、良くも悪くも存在感の大きな影響者。
例えば現代ヴェトナムでは、士燮のことが「シーニエップ(シーティェップ、シ・ヒエップとも)」として歴史なんかに登場するそうです。
士燮は、その治世において原住民である越人に学問を奨励したりしたので、ヴェトナムには彼のために「南交学祖」「士王」という尊称まであるそうです。

携帯版『三國志』では、シナリオ1で政治力54…とパッとしない評価を与えらていていも、事実として並々ならぬ影響力を後世に残している士燮。
次回ではヴェトナム北部から東南アジアまで視座を広げて、さらに士燮に突っ込んでいきます。

[ 2005/01/17 00:14 ] 辺境三国志 | TB(0) | CM(0)

「三国志」と『三国史記』 

こんにちわたりがに。
以前『CASSHERN(キャシャーン)』を映画館に観に行って、不覚にも一回泣いたのに、昨日DVDを借りてまた同じシーンで号泣した、涙腺が緩みがちなUSHISUKEです。

近況報告っぽくて申し訳ありませんが、ここ2週間ほど、お休みの度に図書館に通っています。
ぞっこんLOVEなお相手は、『三国史記』全4巻という書物です。
みなさんはご存知ですか?
一見「三国志」本のようにも見えますが、実は古代朝鮮について記されている文献なのです。
…昔、「学校」という名の荒んだ社会の縮図の中で「読み方、分かりにく過ぎ!」と、青い反抗心を駆り立てられた
高句麗(こうくり)
新羅(しらぎ)
百済(くだら)
を中心とした編年体の勃興記です。

私にとって、骨まで愛して止まない本妻は常に「三国志」なのですが、どうして『三国史記』と浮気なんかしているのか…?
それは、中華思想的には「野蛮」と括られる民の歴史書『三国史記』を通して、中国サイドから記された文献だけでは窺い知ることができない虚実入り混じっての事柄が、新たに見えてくるからです。

たとえば、魏将・毋丘倹の高句麗征伐について。
246年、当時幽州刺史だった毋丘倹が、約1万人の将兵を率いて高句麗に侵攻。
高句麗の王都を瞬く間に陥落させ、さらに周辺の沃沮や貊といった諸国も平らげて意気揚々と凱旋する…といったことは『正史』の語るところです。

同様の事柄が『三国史記』にも見えるのですが、征伐された側としての記述が興味深いのです。
『正史』では毋丘倹連戦連勝!…っぽいイメージですが、『三国史記』では彼も結構苦戦させられていたりします。
やや長いですが、順を追って見てみますね。
┏━━━━┓
┃ラウンド1 ┃
┗━━━━┛
魏将・毋丘倹VS高句麗王・位宮(東川王 憂位居)の緒戦は、鴨緑江沿いでの会戦だったのですが、いきなり毋丘倹は煮え湯を飲まされます。
3,000にも及ぶ首級を挙げられるという、惨敗。
┏━━━━┓
┃ラウンド2 ┃
┗━━━━┛
両者、梁、貊の谷で再戦。
しかし雪辱を果たせず、毋丘倹はまたしても敗れ、3,000余の首級を挙げられます。
連戦連敗…魏の名将形無しです。
┏━━━━┓
┃ラウンド3 ┃
┗━━━━┛
調子に乗って追撃をかける高句麗王・位宮ですが…今度は彼が大惨敗。
窮鼠猫を噛むというか、なんと18,000人の戦死者が出るという未曾有の敗戦を喫します。
これにより、高句麗は一気に王都を制圧され、位宮はほうほうの態で隣国を逃亡し続けることになります。
┏━━━━┓
┃ラウンド4 ┃
┗━━━━┛
一計を案じた位宮は、魏に偽投降を図ります。
この計略と、奇襲攻撃の合わせ技により魏陣は混乱をきたし、崩壊。
ついに楽浪より後退せざるをえなくなります。
魏軍の楽浪からの後退が、大敗戦後の高句麗のカムバックにつながっていくのです。

簡略な『正史』の記述では分からない、白熱する一進一退の攻防が伝わってきますよね。
しかも、なんと戦歴的には魏が1勝3敗と負け越していたり…王都が敵に占領されるという屈辱的な歴史に対する、そこに住まう民の想いなんかも伝わってきて、想像力を掻き立てられます。

『三国史記』にふらふら浮気しているのも、最終的には本妻である「三国志」の魅力をさらに引き立ててくれる結果につながっています。
ときどき違う角度から眺めてみると、「ハッ!」とするようないつもとは違った表情を見せてくれる「三国志」は、やっぱり骨まで愛するに足る本妻ですよ。

[ 2004/11/07 01:26 ] 辺境三国志 | TB(0) | CM(0)
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。