三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

華佗=ペルシア人説 

今日は、何だか1日テレビをボヤーッと眺めていました。
無気力症候群な1日でした。
久々にたくさんのテレビ番組を観ましたが…その中でも、ある美容整形外科(?)の違法性について取材をしていたジャーナリスト・鳥越さんの番組に目を惹かれました。
二重まぶたの手術をしたら、皮膚内に糸が残ったり、目が開かなくなるほど腫れたり…観てて気分悪くなるほどでした。
その違法美容整形外科について、折角だからNETで調べていったら…知らぬ間に、三国時代の「神医」「ゴッドハンド」とも言うべき華佗についての調べものに変わってしまいました。
いろいろ情報が転がっているものですね、華佗。
様々な伝説に彩られた華佗ですが…どうも彼、漢民族じゃないかもらしいですね。
ペルシア人だって。
根拠としては…
★「華佗」という名前の「音」に注目すると、中世ペルシア語の「xwaday」、つまり「先生」の意味になるそう。
★彼が世界で始めて使った「麻沸散」という麻酔薬を根拠とする説も。
当時の中国に自生する「麻」には、大麻の主成分であるテトラヒドロカンナビノールが含まれていなかったらしい。
いわゆる神経系に影響を与えることのできる「大麻」は、インド他原産のもので西方貿易にて入手可能なものだったようです。
華佗自身がペルシア人であれば、シルクロード貿易に個人単位で関わることも可能だったのではないか?というものです。
…事実関係は、すでに約2,000年経った現代では知りようもありません。
ただ、華佗という一人物にも、限られた情報からココまで想像力を使って膨らますことができるなんて…それだけでも幸せだったりします。




[ 2004/05/16 19:32 ] トリビア三国志 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。