三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

呂布軍団の人材問題 

『三国志』前半、その勇猛さと強烈な「武」によって中原に大混乱を巻き起こした呂布。
彼が滅亡すべきして滅亡した原因を、呂布一個人ではなく呂布軍団に集った人材から眺めてみます。
『正史』に記載のある呂布麾下の文官・武官(もしくは麾下に近い協力者)は、大体以下の通り。

┏━━┓
┫文官┣━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━┛
陳宮、袁渙、許汜、王楷、秦宜禄
【スパイ】
陳珪、陳登
【仕官拒否】
陳紀、陳羣、張紘
┏━━┓
┫武官┣━━━━━━━━━━━━━━━━
┗━━┛
張遼、高順、薛蘭、李封、成廉、魏越、曹性、劉何、張邈、張超、臧洪、臧覇、孫観
【謀叛】
郝萌、魏続、侯成、宋憲

ザーッと眺めて分かることは…
1.数的に武官>文官というアンバランスな構造になっています。文官の少なさは絶望的で、しかも陳宮以外は事務方もしくは外交に従事する文官、あるいはB級文官しかいなかった模様。つまり、軍事、民政に関するすべては陳宮の双肩にかかっている状態でした。
2.さらに、呂布軍団に対する文官の求心力が驚くほど低いことも分かります。ただでさえ文官の数が少ないのに、求めては拒否されるは、スパイまで潜り込んでいるはの状態ですから!…残念!
3.武官は文官よりも充実しています。張遼、高順、臧洪、臧覇といったA級クラスの武将も属していました。ただ、呂布が彼ら有能な武将の諫言、忠言に耳を貸さなかったということが問題でした。
…人材面から見ると、文官の欠乏と求心力の低さが呂布軍団にとって致命的だったと言えます。
勿論呂布自身、文官の欠乏状況に危惧は抱いていたようで、A級クラスの文官を求める姿勢は示していました。が、求められた文官はそれに応じることはありませんでした。
最終的には、呂布個人の魅力に集約されるのかもしれませんが、充実の「武」を支える「知」の集団なくして呂布の滅亡を回避する術はなかったということですね。

[ 2004/06/08 00:42 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。