三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【スクープ】関羽が人妻に横恋慕! 

【下邳=198年12月】
堂々とした体躯に美髯を蓄えたスタイルで大人気の関羽(推定35)に、初のスキャンダル
お相手がなんと「人妻」との情報に、関係者は2重のショックだ。
お相手の人妻は、呂布軍団に所属している秦宜禄の妻・杜氏さん(年齢不詳)。
きっかけは、これまた珍しい秦宜禄の「重婚騒動」。
198年、居城である下邳を曹操(42)に包囲された呂布は、袁術に救援を申し入れるために配下の秦宜禄を使者に立てた。
主君・呂布の生死を握っているに等しかった秦宜禄。
なのに、袁術の元に至った秦宜禄は、何を考えたのか袁術から皇族の娘を勧められ、ついに結婚してしまったのである。
夫・秦宜禄の「2重結婚」によって前妻(?)となってしまった杜氏さんは、そのまま下邳で一人ぽっち。
これを聞いてすぐさま動いたのが、誰あろう関羽その人。
密かに抱いていた道ならぬ恋心に、火がつき、炎となり、関羽の心身を燃え滾らせた。
関羽は、包囲軍の総大将である曹操に対して
「今、呂布は秦宜禄を使者として援助を求めに行かせております。秦宜禄は、袁術の元で新妻をあてがわれたとのこと。私は彼の前妻・杜氏を娶りたいと存じます!」
と、一度だけでなく何度も願い出た。
曹操に要請するその執拗さは、並大抵のものではなかったようだ。
鬼気迫る関羽に対して、一度は申し出を許可した曹操。
しかし、曹操は稀代の女たらし
下邳落城後、「杜氏とは、そんなに美しい女性なのか?」と気になり、関羽よりも先に使者を送って杜氏を迎え入れ拝顔するや、そのまま彼女を手許に置いてしまった。
さすがの関羽も曹操に対して抗議するわけにもいかず、泣き寝入り
関羽一世一代の大恋愛は、大失恋で幕を閉じた…。

AUTHOR: バナナ牛乳 URL: http://blog.goo.ne.jp/milk_banana DATE: 06/11/2004 20:51:34 はじめまして。
いつも楽しく拝見しておりました。

最近三国志に夢中になり、中でも関羽が
一番のお気に入りだったのですが…
任侠一直線の人だと思ってたので、意外な一面が知れてよかったです。
それにしても、曹操…ふんぬ!(涙)
[ 2004/06/10 23:54 ] トリビア三国志 | TB(0) | CM(1)
後日談は、3回に分けて書いてみます。
「秦宜禄編」「杜氏編」「関羽&曹操編(妄想多め…)」です。
ひとりよがりなBLOGは避けたいので、「○○を知りたい!」などドシドシご意見くださいね。
[ 2004/06/13 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。