三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

呂蒙~真木大堂・広目天像 

いきなり登場の新ジャンル。
その名も「仏像見立て三国志」です。
みうらじゅんのパクリでもないですが、私は単純に「仏像好き」でもあります。
仏像が好きだし、三国志も好きだし…どうせ好きならつなげちゃえ!ということで、これからお送りしていこうかと思っています、このジャンル。
内容はというと、日本各地の寺社に蔵されている仏像を、三国志の人物に見立てて紹介するというものです。

…ということで、第1回目は大分県・真木大堂の広目天像。
見よ!このパンキッシュかつBUCK-TICKもビックリな怒髪天スタイル!
ムース3本くらい一息に使っちゃう勢いです。
1本すら余すことなく髪の毛を逆立てるほどの、内面から溢れる強烈な戦闘心を感じさせてくれます。
しかし同時に、彼のグッとつぐんでいるお口元からは、その暴れ出さんとする戦闘心を押さえ込む強い意志と知性をも感受できます。

真木大堂の広目天像は、まさに「呉下の阿蒙」で有名な、呂蒙のイメージにピッタリ。

呂蒙は、若い頃は武力一点張りの武将でした。
しかし主君である孫権に諭されて、成人してから学問を始めます。
当時の儒者も舌を巻くほどの読書量を経て、周瑜、魯粛、陸遜に並び称されるほどの呉の名将に成長します。
「男子3日会わざれば括目して見よ」は、呂蒙の成長ぶりに対する賞賛のコトバ。
激しい武力を人格の根本に有しつつ上級の知性を併せ持ち、国(仏法)を擁護する…広目天と呂蒙がピッタリな理由はそこにあります。


ちなみに、広目天は2体の邪鬼を踏みつけた上で直立しています。
広目天が呂蒙であるなら、勿論踏みつけている邪鬼は「関羽・関平親子」でしょう。
「しゅみましぇ~ん」って感じで、カッコ悪いね…関羽と関平。

--【「広目天」の豆知識】
[ 2004/07/04 12:00 ] 仏像見立て三国志 | TB(0) | CM(1)

大分県国東半島にあるお堂。
大昔、国東半島一帯で隆盛を極めた大寺の随一として栄えた馬城山伝乗寺の名残だそうで、お堂内には9体の仏像が安置されています。
9体すべて国の重文に指定されているので、見ごたえアリです。
↓詳細はコチラで。
http://www.jalan.net/kanko/SPT_167643.html " TARGET="_blank">イサイズじゃらん全国観光ガイド

※今回使用した「広目天像」の写真は、WEB公開版『大分の古代美術』(大分放送刊)より引用しています。



[ 1970/01/01 09:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。