三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術、見事に失敗! 

みなさんどうもお騒がせしました…昨日入院、本日退院のUSHISUKEです。
タイトル通り、手術はものの見事に失敗したんですが、無事生還しました。
それにしても「麻沸散(全身麻酔)」、メッチャ効きますね!
コロッと意識をなくしちゃいましたよ。
※「麻沸散」とは現代の「麻酔薬」のようなもので、世界で初めて後漢末の名医・華佗が医療において使用した…と言われている代物です。

切開する必要がある場合には、患者に彼特製の麻沸散(麻酔薬)を飲ませた。飲むと間もなく患者は酔っぱらって死んでしまったようになんの感覚もなくなる。(『魏書』「華佗伝」)

華佗先生の教えのように「五禽の戯(五種類の動物の体操)」の第一「虎」体操で体をほぐして…さあ、写真のような点滴用注射器から「麻沸散」を注入。
先生「眠くなってきましたか?」
USHISUKE「いえ、まった…く…」
といった会話を交わした瞬間から、意識がま~ったくありません。

付添い人に手術中の経過を逐一メモってもらっていたんですが、それによると
★親にもぶたれたことのない私のホッペを2、3度ぶたれていた
★看護士「先生たち臭い」先生「開けとく?」とかいうおマヌケな会話があった
ことにも気付くことなく、すっかり眠りこけていたようです。

実際眠りから覚めると、日頃の疲れもスッキリ飛んでしまったようで…「麻沸散」、疲れがたまりやすい現代人には是非オススメしたい一品です。
そんなこんなで、これからも変わらず『三国志漂流』続けていきますので、どうかよしなに。


AUTHOR: えり DATE: 03/02/2005 10:31:46 だだだだだいじょぶですか~???
体、おだいじにしてくださいー。
[ 2005/03/01 15:58 ] その他お知らせ | TB(0) | CM(2)
うがががが。
画像の腕は、USHISUKEさんのものなのですか?
だとしたら。い、痛々しいっす。
とりあえず生還されたことに一安心しつつ
これからも三国志漂流がんがれ!
[ 2005/03/03 12:33 ] [ 編集 ]
えりさん、かれんさん、曹徳さん、バナナ牛乳さん
返信が遅れに遅れて、申し訳ありませんでした!
ここ数日、退院以後、いきなり自由な時間が激減してコメントもできていませんでした。
身体はいたって元気です。
また、今日からコンスタントに記事をUPできるようにしますので、よろしくお願いします。

ちなみに手術中臭くなった原因については、月曜日病院に行ったときに聞いてみますね。
[ 2005/03/12 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。