三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「陸遜流罪」は誤訳!? 

いきなりですが、私、大興奮中です。
はなぢブーで、ムラムラきています。
これまで信じて疑うことが微塵もなかった「陸遜流罪」について、なんと誤訳疑惑がかけられているそうなんです!
発端は、「呉の四姓」に関する記事に対していただいた通りすがりさんのコメント。

実はですね、流罪にされてないらしいんですよ、陸遜。
これは、ちくま版『正史三国志』における誤訳の内でも、最大級のものの一つ(中学英語の直訳文みたいな言い回しだなぁ)らしいです。
詳しくは「三国志ファンのためのサポート掲示板」の過去ログ、「陸遜の流罪について」(下記URL)をご参照あれ。

陸遜の流罪について
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=689;id=

ちょっとこの疑惑、インパクトデカイです。
私はてっきり顧譚や顧承(顧雍の孫)、張休(張昭の子)らと一緒に、陸遜も交州へ流されてしまっていたものと思っていました…。
そして流刑の地・交州で、さらに孫権から文書で何度も罵倒されつつ憤死したのかと…。
また、陸遜が流罪にされたのとそうでないのとでは、陸遜死後の息子・陸抗の立場にも重大な影響があります。
「流刑」という死刑の一歩手前な重罪を犯した親の子が、普通に親の兵権を引き継ぐ…とは、確かに不可思議ですもんね。

ということで、私のできる範囲で急遽事実を確かめてみました。

1.まずは、私が所持している『正史』BASEで書かれた書籍の洗い出し。
すると、有識者の間でも「陸遜流罪」の記述があるものとないものとが混在しているようです。まっぷたつ。
◇◆「陸遜流罪」に関する記事のある書籍◆◇
・『正史三国志7』P292(小南一郎訳/ちくま学芸文庫)
・『三国志<下巻>』特別付録「【正史編】三国志人物事典」P68(渡辺精一著/学研刊)
・『三國政権の構造と「名士」』P260(渡邉義浩著/汲古書院)
・『三国志新聞』P191(三国志新聞編纂委員会著/日本文芸社)
◇◆「陸遜流罪」に関する記事のない書籍◆◇
・『人間三国志 2軍師の采配』P277(林田慎之助著/集英社刊)
・『三国志<下巻>』P76~78「【三国志人物列伝?】陸遜」(文=久米旺生/学研刊)
・『三国志全人名事典』P370(『中国の思想』刊行委員会編著/徳間書店)
・『三国志?完結なき世界』P255(守屋洋・竹内良雄訳/徳間書店)

2.日本の有識者が混乱しているのならばと、三国志の本場・中国籍のかた(上海在住で、日文がとても流暢かつ言語センス抜群!)に直接確認してみました。以下、抜粋。

関連の中国語のサイトをいくつか調べてみたら、やはり「流徙」の主語は「顧譚・顧承・姚信」の3人であって、陸遜は関係ないという主張が正しいという感じです。
<中略>
私も中国の一般庶民としては、秋風五丈原以降の三国歴史についてほぼ知らないのです。
<中略>
ですから今まで、流罪どころか、私は陸遜の晩年などは全然知らないと言っていいほどです。
(「三国志愛好会」メーリングリストでのやりとりより)

3.そもそも『正史』の中にヒントがないか…と斜め読みしたり、情報収集したりしてみました。
すると、有力な情報をmixiでゲッチュウ!

赤烏8年(245)の春2月、丞相の陸遜が死去した。
(『呉書』「呉主伝」)

この簡潔な記述が、ヒントです。
仮に陸遜が流罪になっていたとしたら、彼が死ぬそのとき、「丞相」という最高位の役職に就いているはずはありません。

んー、私の感触としては「陸遜流罪」は誤訳…というのが、正しい気がしてきました。
でも「結論が出た!」とまではいかないので、この記事をご覧になったかた、是非ご意見を寄せてもらえればと思います!

AUTHOR: はやせ URL: http://h-task.hp.infoseek.co.jp/ DATE: 06/07/2005 07:59:00 はじめまして!三国志ニュースから飛んできました、はやせと申します。
「陸遜流刑は誤訳!?」について、個人的に思うことがありましたので、コメントを書かせてください。
(自分のところのサイトにも書いてるんですけどね。何せ知名度が低いサイトなもので(^^;)

USHISUKEさんが書かれたこと以外に2点、私が誤訳を確信した根拠をお知らせします。

1 USHISUKEさんが列挙した正史ベースの本の中にないものの中で、「陸遜流刑を否定している」本があります。それは高島 俊夫さんの「三国志きらめく群像」です。
この中で、高島さんは「(他の三人は流刑にされているが)陸遜は流刑に『できない』ので」と書いております。つまり、「陸遜は流刑になってない」のが、高島さんの認識です。

(長くなったので、続けます)
[ 2005/06/06 00:09 ] その他雑談 | TB(0) | CM(11)
あぅ、二重に書いてしまいました……><
ごめんなさい……。
[ 2005/06/07 08:02 ] [ 編集 ]
はやせさん、コメントありがとうございます!
1、2どちらの根拠も「なるほど!」と思えました。
やはり点在する記述などから、「陸遜流罪」誤訳説に傾かざるをえないですね…。
あと、私も『三国志きらめく群像』購入してみます。
はやせさん、豊富な知識でこれからもコメントお願いします!
[ 2005/06/09 08:44 ] [ 編集 ]
勝手にトラックバックさせてもらったのに、コメントまでいただきありがとうございました!!

同じ三国志という題材を扱うサイト同士、これからもよろしくお願いします。

良かったら私のブログにリンクを貼らせてもらえないでしょうか?
ここでお願いするのもどうかと思いましたが、内容といい、デザインといい、素晴らしいブログだと思いましたので、相互リンクの検討をお願いします♪
[ 2005/06/20 09:14 ] [ 編集 ]
こんばんわー。
今、高島俊男先生/著「三国志[人物縦横談]」(1994年発行)って本を図書館から借りてぱらぱらと読んでます。
この本は人物ごとに、いろんな史書から引用してその都度、訳して読んでいるって感じなんですが、その中で、はやせさんがあげられている「三国志きらめく群像」同様、孫権のところで例の件、書いてました(まぁ、同じ作者ですから)
344ページのところから引用しますね。
「陸遜は国の重鎮だから、顧譚や吾粲みたいに流したり殺したりできないので、孫権は問詰の使者を次から次へと送って責めたてた。それで陸遜は、ショックやら絶望やら憤激やらが重なって死んでしまったのである。」
ちなみにこの著者、元々、中国文学の大学教員だったそうです。
[ 2005/06/24 22:19 ] [ 編集 ]
天草さん、レス遅れました、スミマセン。
相互リンク大歓迎です!
私ももっと積極的に「三国志の輪」を広げられるようにしないと…これからも末永くよろしくお願いします。
[ 2005/06/25 10:31 ] [ 編集 ]
清岡さん、こんにちは。
詳細な情報をいただき、ありがとうございます!
「国の重鎮だから」というところが、単純ではあってもやはり「陸遜は流罪になっていない」根拠として、十分説得力がある気がします。
はやせさんの記事の後に『三国志きらめく群像』を購入したのですが、その書籍にある記述を読むと
『三国志〔人物縦横談〕』(高島俊男著/大修館書店刊)を文庫化するときに
『三国志きらめく群像』(高島俊男著/ちくま文庫刊)
へとタイトル変更を行ったようです。
だから、内容が一緒なんですね。
にしても、この書籍、面白いですね…豆知識的な内容も豊富で切り口がイイです。
[ 2005/06/25 10:40 ] [ 編集 ]
PING:
BLOG NAME
陸遜の最期に関するお話
[ 2005/06/06 16:44 ] [ 編集 ]
PING:
BLOG NAME
陸遜の最期に関するお話
[ 2005/06/06 16:44 ] [ 編集 ]
PING:
BLOG NAME
『三国志濁流』というブログで陸遜の流罪はちくまの誤訳であるという、非常に興味深い記事を発見し、読んでみましたが、なるほど面白い説で納得させられました。
[ 2005/06/17 14:45 ] [ 編集 ]
PING:
BLOG NAME
200434AX38c13タ
[ 2005/06/18 17:32 ] [ 編集 ]
PING:
BLOG NAME
7/31(日)三国志シンポジウム行ってきました! 三国志と人間学 ゲームでも人気の『三国志』をプレイする前に 光栄 三国志 シリーズ 4大奇書を読む「三国志」 書籍「三国志」 三国志11 攻略! com君大金星!! 友達の輪 -三国志本- 編 早稲田祭に「早稲田大学三国志研究会」
[ 2006/05/19 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。