三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画『三国志-龍の復活』 

最近更新が滞りに滞り…さらに、たまに更新すれば情報共有ばかりで面目次第もありません…。
そして、性懲りもなく今回も情報共有です。

映画『赤壁之戦』に続き、三国志映画がまた企画されている模様。
その名も、『三国志-龍の復活』
この映画は、なんと、中国系ではなく韓国の映画会社が制作するということです。
肝心の内容を記事から抜粋すると…

『三国志-龍の復活』は…劉備が成し遂げられなかった三国統一の偉業を果たすため、80代の趙雲子龍が張飛、関羽の息子たちと一緒に北伐に出陣する過程をスペクタクルに描く。
60年余りの時間の流れを行き来しながら、趙雲子龍の回想を通じて赤壁大戦、長坂橋の戦いなど三國志の名勝負がダイナミックに展開される。

…とのこと。
趙雲が、しかも老黄忠顔負けの80代で主人公を張るということだけでかなりの異色作!
韓国映画なのに主人公の趙雲役をアンディ・ラウが、張飛役をサモ・ハン・キンポー(デブゴン!?)が、とこれまた異色。
なんで回想シーンでしか出演しないはずの張飛の配役がもう決まっているのか?(ゼッタイ見た目だけで選んだだろう)というのも謎だけれど…まあいいや、兎に角萌えよ!デブゴン。

それにしても汎亜細亜的に三国志づいてますね…イイことです。


[ 2005/11/03 21:27 ] その他お知らせ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。