三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

文楽人形遣い・吉田玉男さん死去… 

直接「三国志」には関係ないのですが、書かせてください。
9/24(日)夜、衝撃が走りました…文楽人形遣いとして人間国宝に認定されていた吉田玉男さんが死去
ここ数年「文楽」にどっぷりはまりきっている私にとって、ショッキング極まりないニュースでした。
昨年夏頃から文楽公演はすべて休演で、今月9月の東京国立劇場40周年記念公演もやはり休演され、心配していたところでした(実際4日前に玉男さんの体調をご存じのかた教えてください…と、2ちゃんに投稿したところでした)。
立ち役(男の人形)人形遣いとして最高峰の技術で、文楽界を牽引し続けたかた。
私個人としては、これからまだまだその技を観られること楽しみにしていたので、とても残念で仕方ありませんが…ご冥福をお祈りします。

そもそも「文楽」とは、浄瑠璃語り、三味線弾き、人形遣いの三者で成り立つ伝統芸能のこと。また、人形も一体につき三人がかりで操るという、大変高い技術を必要とするものですが…人形といえば、三国志にも超絶人形遣いが登場します。

三国志随一の発明家・馬鈞博士です。

彼が手がけた人形は「水転百戯」と呼ばれるもの、水力で動く仕掛人形でした。
大きな木材を彫って組み合わせ、さらに水を使って
■女の楽隊と舞をまう人形
■おてだまや剣を投げたりする曲芸をする人形
■綱渡りや逆立ちをする人形
などなどを創り出し、ときの魏帝・曹叡ほかを驚かせたそうです。

馬鈞のその器用な手(技)も、まさに人間国宝級。
しかし、その技のほとんどは後世に伝わっていません…今の文楽界では後進の育成に力を注いでいますが、玉男さんの心、技はどれだけ伝わっているのでしょうか。

TITLE: Tramadol. URL: http://www.desiurl.com/3b6f7 IP: BLOG NAME: Tramadol great buy. DATE: 03/24/2007 12:48:18 Cheap tramadol. Tramadol.
[ 2006/09/25 00:07 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。