三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

台湾の書家がわずか0.22cmの小さな楷書で『三国志演義』模写 

台湾の書家・章厚倫が毎字わずか0.22cmの小さな楷書で総字数百万を超える中国四大古典小説『三国志演義』等を模写。
2016/4/8に苗栗県で初お目見え。
『三国志演義』の巻軸の長さは18m近くに及び、隙間のない様は人を感嘆させる、と。
http://www.epochtimes.com/gb/16/4/8/n7535324.htm
[ 2016/04/10 00:00 ] 三国信息網 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。