三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

成都西郊営門口郷黄忠村にある黄忠墓の由来 

成都西郊営門口郷黄忠村にある黄忠墓の由来。
1825年清の学者が「鶏矢樹」と呼ばれた一帯を購入、小作人が耕作中に墓碑「黄剛侯諱漢升之墓」及び墓磚、人骨等出土。
「諱漢升」→「諱忠」の誤字から察すると唐宋以後黄忠墳墓の改修の際に建立と推測。
http://news.163.com/16/0408/04/BK3SFQ7J00014AED.html
[ 2016/04/09 00:00 ] 三国信息網 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。