三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『五禽戯』 vol.3 「五禽戯ツアー」レポートの紹介 

更新が滞りまくりですが…久しぶりに記事を書きます。
といっても、他者のブログ紹介という不真面目な内容でスミマセン。

五禽戯」シリーズの記事、2回だけでパッタリと途切れてしまっていますが…今冬から月2回ほどのペースで「五禽戯」を体験しています。
既出のように「日吉の丘太極拳同好会 青空太極拳練習会」という活動に参加し、体験しているのですが、ここでいつも丁寧に教えていただいているのが成澤先生というかたです。

成澤先生は、中国の華佗の故郷に今も伝わる「伝統華侘五禽戯」を、日本人で初めて現地にて体系的に学ばれたスゴイかたです。
その成澤先生がGWを利用して、現地に行かれたそうで、そのレポートがBLOGに掲載されていたので、今日はその紹介をします。

09年 安徽省 亳州 伝統 華佗 五禽戯ツアー
上海~阜陽~亳州
五禽戯との出会い
曹操運兵地下道
漢方薬大市場
五禽戯の概念

このレポートが、とてもイキイキしていて、素晴らしいんです。
とくに私にとって心に響いたのは「五禽戯の概念」。
「心地良い」状態になれるための運動要素が「戯(たわむれる)」である。
後漢末の大乱世=「武」の時代だからこそ、真逆の要素である「戯」が必要とされ、それは卓越した医術をもつ華佗だからこそ産み出し得たものだったのでしょう。
「武」は必ずしも「戦争」を意味するものではなく、日常的なストレスと解釈すれば、私たちの日常いたるところで「戯」は意識的/無意識的に存在するし、行われている…。

三国志な時代から現代に、1800年間綿々と受け継がれている「五禽戯」という身体運動を通して、歴史としての「三国志」の一側面を語ることのリアリティと普遍性。
三国志は、見たり聞いたりするだけでなく「体感」もできるというありがたさを改めて感じもしました。

みなさんも、ぜひレポートを読んでみてください。
新しい三国志を発見できると思いますよ。

※そういえば「曹操運兵地下道」の存在も、私にとっては新発見でした。
こういうのがあるんですね…『正史』や『演義』のどこかに記述ありましたっけ?
[ 2009/05/06 19:19 ] 五禽戯 | TB(0) | CM(2)
曹操運兵地下道!!
でも他のことは何一つ(ぇ)知りません。
こんにちは、吉利です。

曹操にまつわる史跡は、いずれ行ってみたい場所でございます。
がしかし、マイナーすぎて個人旅行じゃないと行けないというのが・・・

しかし「哀雪」がここにあったとわ。
去年の三国志展でホンモノ(?)の拓本を見て、感激しました。
ああ・・・行ってみたい・・・
[ 2009/05/07 15:25 ] [ 編集 ]
吉利さん、コメントありがとうございます!
曹操運兵地下道をご存じとは…さすが曹操の幼名を継ぐ者、ですね。

>しかし「哀雪」がここにあったとわ。
>去年の三国志展でホンモノ(?)の拓本を見て、感激しました。

そうでした!
この文言どっかで見たなぁと思っていたのですが、『大三国志展』ですね、そうです、そうです。
スッキリしました。
[ 2009/05/09 08:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。