三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「反董卓連合」への参加・不参加で決まっていた!? 

「何」が決まっていた!?…のかというと、後漢末の覇権争いを勝ち残っていくための「席」が決まっていたということです。
三国時代を形成した立役者である3人、曹操、孫家は反董卓連合内で名声を上げ、劉備も義勇軍ながら末席に参加していました。
袁紹、袁術、公孫瓚…も「席」に坐ることができる権利はもっていましたが、あえなく争乱の中で滅んでいきました。
劉表、劉焉(劉璋)、張魯…といった「反董卓連合」への積極的参加が見られなかった人々、もしくは後発組は覇権を争うところまでいけずに、一方的に討伐される立場に留まった感があります。
190年前後、後漢末の大乱初期時点の態度が、それぞれの人物の将来を決定的に左右したといえそうじゃないですか?

[ 2003/12/18 07:13 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。