三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

年齢による愉しみ方の違い 

同じ「私」が読んでいるにも関わらず、年齢や生活環境によって三国志の世界はいろいろな顔や愉しみ方を提示してくれます。
例えば初めて三国志に接したのは横山光輝『三国志』で、私が中学生の頃でした。
全60巻を立ち読みしようとして、店員にドロップキックを見舞われたりしました。
そのときは関羽や張飛、趙雲といった武官の活躍に心を奪われていました。一騎打ちでズバズバ敵を倒していく彼らの姿は、とっても爽快でした。
…それから幾星霜…今は、政治的な駆け引きや因果関係を考えることに関心があります。
★袁紹陣営の崩壊には、冀州以前からの家臣を中心とした派閥VS冀州閥の根強い抗争が影響していたのではないか?
★孫権の後継者争いに、孫家と江南豪族層との確執が関係性しているのではないか?
曹操が無茶をしてまで遂行した烏丸征伐の意義は?
などなど、何だかオヤジ臭くなってきました…考えていることが。
社会に出て、汚れちまいました。


TITLE: 今日のブログ - 三国志漂流 - URL: http://www.narupara.com/~netwalker/archives/000713.html IP: BLOG NAME: N@N DATE: 12/22/2003 09:23:30 自分の名前と関係しているわけではないですが、学生社会人成り立てのころに一時期三国志にどっぷりとハマりました。C8氏の家に行っては当時はPC98で三国志シリーズを楽しみ、古本屋で関連する本を買いあさりました。当時はNHKでの三国志人形劇が再放送されるなど、三国志リバイバルブームでもありました。さまざまな種類の三国志本が今でも本棚に眠っています。正史と演義の翻訳本から吉川英治・陳舜臣の小説、柴堆系のモノから資料本と、まとめて古本屋に持っていけば三国志コーナーができるんじゃない?という感じの量です。 さ...
[ 2003/12/21 02:15 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。