三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

劉封の叫び 

劉封って、可哀想ですよね。
彼と劉備との養子縁組は、恐らく政略的なものだったはずです。
つまり、赤壁での戦勝後、まだ荊州が落ち着く前に、荊州の豪族との人脈強化の一環として、劉備が政略的に養子縁組を行なったんだと思うんですが…劉封は結局、嫡子・劉禅が後継者に決定する中で邪魔者となり、消されてしまいます。
劉封が、義父・劉備から自殺を強要されたのは、荊州失陥後のこと。
すなわち、荊州豪族との関係を絶たれた劉備にとって、劉封の存在価値が激減したことも意味します。
「オヤジ、オレ自身を見てくれ!」…劉封の叫びが聞こえてきそうです。
それと、もうひとつ。
劉封を消すように仕向けたのは、諸葛亮です。
劉封抹殺は、諸葛亮の政治に対する現実主義者ぶりが窺えるエピソードでもあります。


[ 2003/12/22 03:25 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。