三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

『蒼天航路』の魏諷、今後に期待 

『蒼天航路』読んでいる人、多いと思いますが…魏諷がチラチラッと登場していましたよね?荀攸の葬儀のときなどで。
髪の毛が仏さんみたいな感じで、目がキラキラしていた、挙動不審の男。
『正史』を紐解くと、魏諷は、219年(蜀による漢中侵攻戦の最中)に魏都・ギョウで大規模な叛乱未遂を起こした首謀者とのこと。
「魏諷の乱」では、張繍、王粲、宋忠の子、劉ヨクの弟などが叛乱計画に参加し、魏諷と同様に処刑されたとの記述から…どうやら著名な魏臣の子弟を大量に巻き込んだ叛乱計画だったところが特徴なようです。
『演義』には1mmも顔を出さない魏諷を、王欣太がどのように描くのかが楽しみで、仕方ないです。

[ 2003/12/23 08:58 ] 三国志BOOKS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。