三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

袁術イケメン説 

ワガママし放題の暴政を誇り、孫家から玉璽を奪うと皇帝を僭称し、挙句の果てには逃亡生活の中で血を吐いて死す…という末路を歩んだ袁術。
『蒼天航路』に至っては、まるで「猿」のように描かれている袁術。
…でも、ちょっとまった!
袁術は、なかなかのイケメンだったかもしれませんよ。
根拠は、「袁術の娘」の容貌と行状。
「袁術の娘」は、袁家滅亡後、孫権の後宮に迎えられます。
そして、『正史』の記述では…
★かなりの美貌の持ち主だったようです。「袁術の娘」は、美しい容貌の女性に激しく嫉妬する他の夫人によって殺害されたから。
★行状も、かなりよかったらしいです。子どもがいないからという理由で皇后の位を固辞したという、謙譲の美徳溢れる女性でした。
★孫権の正室が死んだ際、「袁術の娘」が皇后の候補となるほど寵愛を受けていました。彼女の美貌と行状の良さ、推して計るべし。
つ・ま・り、「袁術の娘」がこのように美貌と行状の良さを兼ね備えているなら、その父親たる袁術も、男前で、性格もイイというちょっとしたイケメンだった可能性があるということです。
袁術の新しいイメージは、キムタクで。

[ 2003/12/29 08:42 ] その他雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。