FC2ブログ

三国志漂流

すべての「三国志」にLOVE&RESPECTが大前提。さらに自分の価値観や解釈でどこまで切り込んでいけるか…のんびりと「新しき三国志の道と光」を模索するBLOGです。

グルメ14.三国志 

「千葉三国志グルメダービー」いよいよ後半戦突入です。
北千住にあるラーメン店「子竜」を皮切りに、京成船橋駅近くの「新四川料理 三国」を経て、夕暮れ近くに3軒目のある印西牧の原に到着。
印西牧の原は「千葉ニュータウン」の一角として1990年代後半に開発された地域のようで、駅から四方を眺めるとアチラコチラに巨大な商業施設が乱立し、途切れない自家用車の列が吸い込まれていきます。
駅から徒歩10-15分、その巨大商業施設のひとつ「ジョイフル本田」2階にあるフードコート内に目指す三国志グルメがあります。三国志1
その名も直球ストレートど真ん中な「三国志」。
中華料理チェーン展開をしている企業の一店舗としての位置づけのようで、メニューを見ても「マーボー豆腐」「黒酢豚」「エビチリ」などなど一般的な中華料理が名を連ねているだけで、正直あまりグッとはきません。
「もうハマグリとかガマはイイっす」という、袁術軍の兵士の気持ちと同じぐらいグッと来ない感じ。
ラーメンと火鍋にヤラれた胃袋と満腹中枢は「ゴメン、もう無理」な危険信号を発しており、「もう1軒あるし、軽めの小龍包にしようか…」とつい弱気な自分が頭をもたげるぐらい、実は心折れそうな状況。
と、そのとき!
「三国志」の厨房からレジ打ちに出てきたサンタの赤い帽子を被ったひとりの女性が私の虚ろな視界にカットイン。
夏侯淵さん?太史慈さん??一瞬で、私のハートは射抜かれました。
20分ほどグッタリと突っ伏していたテーブルからおもむろに立ち、スタスタとレジへ。
毅然と「黒酢鶏セット(白米+スープ+ザーサイ付き)」738円を注文。三国志2
弱気な自分を向こうへ追いやり、辛うじて引き続き強気な自分を保つことができました。
私にとって「憧れのサンタさん」は、曹操軍兵士にとっての青梅のようなもので、彼女の存在によりなんとか気持ちをつなぐことができました。
「黒酢鶏」は甘辛い黒酢が効いている分以外はいたって普通ですが、三国志な時代の高級食材ナスを筆頭に玉ねぎ、ニンジン、蓮根、ピーマンなどなど野菜が豊富で、ヘルシーな気分でなんとか完食できました。
ありがとう!「憧れのサンタさん」、永遠なれ!

---[お店情報]---

三国志 中華料理 / 印西牧の原駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

住所:千葉県印西市草深1921 ジョイフル本田千葉ニュータウン店 フードパーク内
電話:0476-47-4883
定休日:ジョイフル本田 千葉ニュータウン店に準ずる
営業時間:
9:00~20:00
----------------
[ 2010/12/18 15:50 ] グルメ三国志 | TB(0) | CM(0)

グルメ13.新四川料理 三国 

さて「千葉三国志グルメダービー」。
1軒目北千住のラーメン店「子竜」を後にして向かった2軒目は、京成船橋駅近くにある「新四川料理 三国」です。
新四川料理 三国1いよいよ千葉県に入りました、ここからがある意味本番です。
「ド変態さん大歓迎」などを掲げるいかがわしいお店が目立つ通りを抜けて徒歩3分ほどで、「三国」はあります。
元気のよい「いらっしゃいませー」という声に迎えられて店内へ。
テーブル席が20席、お座敷が6席分程度の小じんまりとしたお店です。

壁にはコーエー『三国志』シリーズなどのイラストで有名な諏訪原先生関羽曹操のイラスト(額縁入り)や「三国演義地図」なるものが飾られており、店名と合わせて明らかに三国志好きな店長の存在をヒシヒシと感じられます。
ちなみに店長のお名前は「劉俊」。
四川料理で店長が劉氏…となると、これは食感のよい蜀漢料理が期待できるということですね!

事前に『食べログ』のレビューを読んでぜひ喰べてみたいなぁと思っていた、土日ランチ限定の「火鍋つけ麺(1,180円)」を注文しました。
新四川料理 三国2待つことちょっぴり…目の前に、スープで一面真っ赤っかの火鍋(&コンロ)が運ばれてきました。
辛さに大して強くない私の舌が耐えられるか…壮絶なる「麻辣」との闘いを予感させる赤さです。
そして次には、迫力の具材たちがモリッと登場。
白菜、チンゲン菜、もやしなどの野菜軍団、豚肉、ウィンナーなどの肉軍団、ホタテやエビといった海鮮軍団で構成された連合軍が、見事な布陣で身構えています。
よく割増なメニュー写真にガッカリすることがありますが、それの対極を行く豪勢な盛り具合に、1日4食予定なのも忘れて感激。
さらに、本隊のツヤツヤした「麺」と「ゴマだれ」が最後にジャーンジャーンと入場。
1人前のランチとは思えない量に少し気圧されながらも、グツグツと血の海地獄かと思わせる程煮立ってきたスープに具材を続々投入開始。
新四川料理 三国3野菜から引き上げてゴマだれに浸けて喰べてみると…甘辛くて美味い!!
最初はスープの辛さをゴマだれが包んでしまっているかのように思われて、でもその後辛さがゴマだれを突き破ってジンワリ主張する、そんな感じの食べ心地です。
これはお箸がススムくん。
麺もスープにサラッとさらして喰べてみると、やはり美味い!!
スープと具材がこれでもかっ!と主張するこの「火鍋つけ麺」では、中太麺で主張しすぎないのがかえって丁度よいのかもしれません。
喰べ続けていると徐々にゴマだれが赤いスープに侵食され、麻辣度合いが強くなってきます。
鼻水ズルズルいわせながら、火鍋にだけ向かい合う至福の時間。
新四川料理 三国4このお店、店員さんがとても気のつく方で、適宜お水を補充してくれたり、それがまた気持ちよかったりもしました。
「火鍋つけ麺」、満足了です。
家から近ければ足繁く通いたくなるお店なのですが、自宅から遠いのが残念です。
ちなみに、「新四川料理 三国」は「2008年度ぐるなびグランプリ」の千葉エリアのブログ部門賞を受賞している名の知れたお店らしいですよ。
レジの傍に賞状がさり気なく飾ってありました。
ということで、かなりオススメな「新四川料理 三国」でした。

---[お店情報]---

三国 中華料理 / 京成船橋駅船橋駅東海神駅
昼総合点★★★★★ 5.0

住所:千葉県船橋市本町1-11-27 時田ビル1F
電話:047-433-0455
定休日:水曜日
営業時間:
ランチ
月-金 11:30~14:00(L.O.13:30)
土・日・祝 12:00~14:30(L.O.14:00)
ディナー
月・火・木・金 18:00~23:00(L.O.22:30)
土 18:00~22:30(L.O.22:00)
日・祝 18:00~22:00(L.O.21:30)
----------------
[ 2010/12/13 23:10 ] グルメ三国志 | TB(0) | CM(2)

グルメ12.子竜 

冬のある土曜日。
この日は半日かけて千葉県を中心とした4軒の三国志グルメを連覇する!という、平和ボケ日本を地で行く生産性の欠片もないことを挙行しました。
最初の1軒目は、千葉県に近い東京都の北千住。子竜1
北千住駅東口の喧騒から駅沿いにやや離れた場所にあるのが、ラーメン店「子竜」。
店内に入ると、お昼時だというのに私以外にお客さんはおらず。
カウンターのみの席で、余計な装飾が少ない店内はあたかもバーのような雰囲気を醸し出しています。
テーブル上に置かれたお箸がさり気なくデコレーションされていたり、市販では見かけないクールなティッシュ箱が用意されていたり、店長さんの几帳面さと店づくりへのこだわりが感じられます。
券売機で「半らーめん(塩)」550円と、ランチタイム限定らしいお得な「ご飯」100円を注文。
※ちなみに、らーめん(しょうゆ)は700円、らーめん(塩)は750円です。
手際よく出されたラーメンの写真を撮ろうと、スマホの慣れないアプリに手間取っていたら
「うちのラーメンは、のびやすいので…」
と、催促されてしまいました。スマミセン(志村けん風に)。子竜2
半らーめん(塩)は、とくに味を主張するようなものではなく、とてもあっさりとしていてツルツルッとすぐ平らげることができました。
そのあっさり具合から、私にとっては珍しくスープまで全部いただきました。
また、子竜特製らしい「辛子」が用意されており、これを小さじ1/3程度でもラーメンに入れてみると味にちょっぴり辛味が加わり、1食で2度美味しい感じになりました。
ラーメンには小振りなジャスミン茶もついてきて、上品な味わいによって食後の喉を潤すことができました。
子竜は、他のラーメン店にありがちな「しつこさ」が店全体から微塵も感じられず、爽やかな味と落ち着いた雰囲気をまったりと楽しむことができました。
ラーメン店には1人で入りにくい…という女性も多いと聞きますが、「子竜」ならきっと大丈夫ですよ。
さすが趙雲の字を名乗るだけあって、長阪に吹いた一陣の爽やかな風を感じさせるお店でしたよ。
「子竜」の読みは「こたつ」なんですけどね。

---[お店情報]---

子竜 ラーメン / 北千住駅牛田駅京成関屋駅
昼総合点★★★★ 4.0

住所:東京都足立区千住旭町2-1 江角ビル1F
電話:03-3870-1330
定休日:水曜日
営業時間:
11:00~21:00
----------------
[ 2010/12/12 14:34 ] グルメ三国志 | TB(0) | CM(0)

グルメ11.中国家庭料理 麒麟坊 

今日は東京都日野市で「ひの新選組まつり」が開催されています。
「新選組パレード」、天然理心流や西洋流砲術の演武などが催され楽しそうではあるのですが…いい加減にたまったお仕事があるので、自宅謹慎。
息抜きがてら、日野絡みのグルメ三国志を1本書いたりします。

JR日野駅から少し歩いたところにある中華料理屋さん、その名も「中国家庭料理 麒麟坊」。
「天水(冀城)の麒麟坊」といったら俺のことよ!
そう、胆が鶏の卵ほどもあることでお馴染みの蜀(元魏)の姜維伯約さんですね。
ん?「麒麟坊」じゃなくて「麒麟児」じゃないか!?って。
チビっ子だったり親しみを込めたりな言葉としては「坊」も「児」もおんなじなので、そこは、まぁ大目に…。

麒麟坊には「中国四川」の文字が見えます。麒麟坊1
涼州ではないですが、四川料理というのも、また姜維っぽくて乙ですね。
私は夜に行ってみたのですが、おばちゃん集団がおしゃべりしながら食事していたり、ラフな格好の親子連れがいたり、とってもアットホームな雰囲気が溢れています。
若くして心ならずも母親と離れ離れになってしまった姜維の「家庭」への憧憬をお店の雰囲気に反映しているんでしょうね(妄想)。
メニューには番号が「137」までふられており、その料理の種類の多さに圧倒されます…これは迷ってしまいます。
私は、胃(意)を決してとくに気になった料理を2つ注文。

■なす豚バラ土鍋かけご飯(800円)
■名物鉄なべ餃子(450円)
麒麟坊2
まずは、なす豚バラ土鍋かけご飯から。
焼きナス、椎茸、人参など、野菜ほかの材料がふんだんに使われた、かなりボリューミーな土鍋料理です。
あっつあつ。
アンと野菜ほかがかかったおこげも、とっても美味しいです。
そしてお次に控えるは、鉄なべ餃子。
これまたぶっとくて長い餃子がお行儀よく並んでいます。
その様は、西羌国越吉元帥らが駆った「鉄車兵」のよう(「鉄」だけに)。
鉄車兵を破るための諸葛亮の策(姜維も同じ策を意中に秘めていた)と同様、私の胃袋という落とし穴に鉄なべ餃子を次々と放り込みました…鉄なべ餃子、全滅。
ただし、餃子の中に溜まった「肉汁」はかなりお熱いので、実際に喰べる際はジワジワ慎重に喰べることをオススメします、火傷します。

ということで、賑やかな家庭的雰囲気の中で、コストパフォーマンスのよい中華料理をいただける店「麒麟坊」でした。
同じ系列のお店は、立川や前橋にもあるそうですよ。

---[お店情報]---

麒麟坊 (飲茶・点心 / 日野)
★★★★ 4.5

住所:東京都日野市日野本町4-5-5 1F
電話:042-587-8469
定休日:無休
営業時間:
ランチ 11:00~14:00
ディナー 16:30~23:00
----------------
[ 2010/05/09 17:32 ] グルメ三国志 | TB(0) | CM(2)

グルメ10.喬家柵小吃 

記事にする三国志ネタはアレコレとあるのですが、どうにも追いついておらず…という言い訳から始める、男闘呼の風下にも置けないBLOG「三国志漂流」です。
男闘呼の嗜みとしての「(潮干)狩り」に、愛車「赤兎」に乗って海辺まで駆けて行こうと思っていたのですが、急遽予定変更で時間ができたので、2010年2月頃に訪れた三国志グルメのお話をします。

今回訪れたのは、神田錦町にある中国料理「喬家柵小吃」です。
漢字だけ並ぶと一体どう読めばいいか迷ってしまいます、「きょうがさくしょうきっ」。
箸袋の印刷を読むと、「吃」の読みは「きつ」じゃないんですよ、「きっ」なのです、ここ試験に出ます。
少々わかりにくい場所にあるので、もし行く機会があったらケータイで地図を確認しながら行くことをオススメします(神田警察署の近くです)。
このお店の何が「三国志」的なのかというと、「喬」の一字につきます。
三国志における「喬」といえば、そう「江東の二喬」として有名な大喬小喬の喬姉妹ですね。
「喬家柵小吃」への最大の期待は、大喬小喬の名に恥じぬ美人店員さんが存在するや否や!

お店の入口はほぼ扉があるだけのスペースで、店の名前を表したやや昭和チックなネオンサインが目立ちます。
意気込み充分に店内へ。
お店の中に「純粋な」お客さんはいません、私だけのようです。
「純粋な」としたのは、テーブルで食事をしている人はチラホラいるのですが、その人たちはどうも店員さんの中国人仲間な感じが濃厚にするからです。
店内全員中国人で、中国語が活発に飛び交っているし、店内に流れている音楽もテレサ・テンのようですし、まさに中国一色。
テレサ・テンはイイですよね…そういえば、フェイ・ウォンが出しているテレサ・テンのカバー集『マイ・フェイヴァリット』も激オススメです!透き通るような中国語の発音が、耳に心地よすぎ。


注文をとりに来てくれたのは女性の店員さん。
待ってました!
店内を見渡す限り女性店員さんはこの人だけのようなので、一旦「小喬」と心の中で決めつけました。おそらく、大喬はお店には出ずにお金周りのこととかしているに違いありません。
リン・チーリン的な背の高い美人というよりも、どちらかというと可愛らしい雰囲気を持つ小喬さんは、綺麗な日本語で応対してくれました。
私は小喬さんに「回鍋肉定(750円)」を注文しました。
何故かこのお店では、定食を「定」と略すのが流行りのようです。
心の中で勝手に「小喬」を位置づけた途端、周りの中国人も巻き込んで妄想三国志ワールドが爆走し始めます。
すぐ近くで、大きな声で電話をしているおじさんは小喬の父・喬国老ですね。
きっと、劉備のことで呉国太とお話しているんだと思います。
厨房近くのテーブルで何か食べながら歓談している男性2人は、紛れもなく孫策周瑜です。
ときどき小喬も会話の輪に入って、なんだか楽しそうです…20代の頃の孫策周瑜、小喬の歓談が目の前にある、そんな錯覚に陥るかのようです。

「回鍋肉定」は、野菜たっぷりの回鍋肉に、山盛りの白米、スープ、ザーサイ、杏仁豆腐付き。
ご飯が進む!進む!ここの回鍋肉は、とってもごはんがススム君です。
ちなみに土曜日のお昼時に訪れたのですが、ランチは「A」から「I」まで9種類程度あって、お値段は750-800円とお手頃です。

あっという間にランチを平らげて席を立ち、レジへ。
レジに立つのはさっきまでテーブルで歓談していた周瑜さんです。意外に背が高い。
プライスレスなスマイル付きのレジ接待で気持ちよく店を出られました、さすが「美周郎」。

---[お店情報]---

喬家柵小吃 (中華料理 / 小川町、竹橋、淡路町)
★★★★ 4.0

住所:東京都千代田区神田錦町2-5-9
電話:03-3233-8978
定休日:不明
営業時間:
11:00~23:00
----------------
[ 2010/05/01 08:33 ] グルメ三国志 | TB(0) | CM(2)
カレンダー
ジャンル
管理人
■姉妹サイト 「末世だョ!神仏集合」はじめました。

USHISUKE

管理人:USHISUKE

FC2Blog Ranking

アクセス数